ワークスタイル

「XMind」と「FreeMind」のマインドマップデータを相互変換する方法

あなたはどんなマインドマップツールを使っていますか?

僕は以前は「Xmind」を使っていたのですが、とにかく起動が遅い。
パソコンのスペックの問題かも知れませんが……(汗)

そこで、起動も早くシンプルな「FreeMind」を使おうと思った訳です。

 

今回はマインドマップ作成ツール「XMind」と「FreeMind」のデータを相互変換する方法を紹介していきます。

「XMind」から「FreeMind」にデータ変換する方法

説明に使用するXMindのデータはこちら。XMindサンプルデータ

XMindのエクスポート機能を使う方法

1. メニュー「ファイル」 → 「エクスポート」を選択XMindをエクスポート

2. 「FreeMind」を選択 → 「次へ」をクリックXMindからFreeMindを選択

3. 「参照」をクリック → 保存先を指定し、「保存」をクリックFreeMindのファイル保存先を指定FreeMindのファイル保存先・名前を付けて保存

4. 「終了」をクリック → 「フォルダを開く」「開く」「閉じる」のいずれか選択FreeMindデータのエクスポート終了

以上で完了です。

 

FreeMindに変換したデータがこちら。XMindからFreeMindにエクスポートした画像

データが入れ替わっている箇所(「D」と「E」)がありますが、ほぼ同じ形で変換されていることが分かるかと思います。

XMindのトピックをコピーして貼り付ける方法

1. 「Ctrl + A」で全て選択 → 「Ctrl」を押したまま中心トピック「TEST」をクリックXMindのトピックを選択してコピー

※1度全て選択した後、中心トピックのみ選択しない状態にします。
そうしないとこんな事になってしまします。XMindのトピックを選択してコピー失敗画面

2. FreeMind新規ファイルを開いて、「Ctrl + V」で貼り付けXMindからFreeMindへ貼り付け

以上で完了です。

元のデータと比べるとレイアウトが保持されてません。

 

手順は多いものの元データと見た目も変わらない為、「XMindのエクスポート機能を使う方法」がオススメです。

「FreeMind」から「XMind」にデータ変換する方法

説明に使用するFreeMindのデータはこちら。FreeMindサンプルデータ

XMindのインポート機能を使う方法

1. メニュー「ファイル」 → 「インポート」を選択XMindのインポート機能

2. 「FreeMind」を選択 → 「次へ」をクリックXMindのインポートでFreeMindを選択

3. FreeMindのファイルを選択 → 「開く」をクリックFreeMindのファイルを選択

4. お好みで「現在のワークブックに」または「新しいワークブックに」を選択 → 「終了」をクリック既存のワークブックまたは新しいワークブックを選択

5. Xmindデータに変換して表示されるXMindでFreeMindのファイルが開く

FreeMindのノードをコピーして貼り付ける方法

1. 「Ctrl + A」で全て選択 → 「Ctrl」を押したままルートノード「TEST」をクリックFreeMindのノードを選択してコピー

2. XMind新規ファイルを開いて、「Ctrl + V」で貼り付けXMindの新規ファイルを開いてFreeMindのノードを貼り付け

以上で完了です。

 

え~、この方法まったく使い物になりません(汗)
ご覧の通り、「AAAA」の子ノードが全て同列にきてしまいます。

という事で、FreeMindからXMindにデータ変換する方法は「XMindのインポート機能を使う方法」一択となります。

スポンサーリンク

マインドマップデータを相互変換する方法まとめ

XMindの「エクスポート/インポート」機能を使えばメチャメチャ簡単です。

ただし、1つだけ注意点が……それは、

ツール独自のアイコンやマークは移せません!

全部、移行できたら言うことないんですけどね。

 

  • 試しに別のツールを使ってみたい!
  • 今使っているツールに不満がある!

そんな方のお役に立てましたら嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA