ワークスタイル

単語登録できない!壊れたIME辞書ツールを修復して元に戻す方法

先日、職場で使っているWindows7のパソコンで突然、単語登録ができなくなりました。
特に何かをしたわけではないのですが、どうやらIME辞書ツールが壊れてしまったようです。

よっしー
よっしー
えらいこっちゃ!

「単語/用例の登録」以外の2つも試してみたのですが、いずれも登録できませんでした。

  • 単語/用例の登録
  • Microsoft IME辞書からの登録
  • テキストファイルからの登録

【「単語/用例の登録」の失敗画面】単語/用例の登録の失敗画面

【「Microsoft IME辞書からの登録」の失敗画面】Microsoft IME辞書からの登録の失敗画面

【「テキストファイルからの登録」の失敗画面】テキストファイルからの登録の失敗画面

単語登録が使えないとホント不便なんですよね……。

そこで今回は、壊れたIME辞書ツールを修復して元に戻す方法をご紹介します。

 

壊れたIME辞書ツールを「修復」する手順

修復する手順は超簡単。
たった7クリックで終わります。1分もかかりません!(キッパリ)

1. 言語バー「ツール」 → 「プロパティ」 → 「修復」ボタンをクリックIME辞書ツールの「修復」ボタンをクリックしている画像

2.「はい」をクリック「ユーザー辞書の修復」実行確認画面(1回目)

3.「はい」をクリック「ユーザー辞書の修復」実行確認画面(2回目)

4.「OK」をクリック「ユーザー辞書の修復」完了画面

5.「OK」をクリックMicrosoft IMEのプロパティ画面

はい、おしまい!

どうでしたか?
1分もかからなかったのではないでしょうか。

これで単語登録ができるようになりました!

登録した単語のバックアップ方法

バックアップはホント大事です。

今回、辞書ツールが壊れて登録していた数百個もの単語がすべて消えてしまいました。

登録していた単語をすべて必要だったかというと怪しいところですが、よく使うものでも数十個はあったんですよね。

よっしー
よっしー
泣きながら登録し直しましたよ……

 

バックアップ方法は次の2つどちらか1つでOK!

  • 一覧の出力
  • システム辞書の作成
IME辞書ツールのバックアップ方法選択画面

 

僕のようにならない為に必ずバックアップをとっておきましょう!

スポンサーリンク

IME辞書ツールを修復する方法まとめ

いかがでしたでしょうか?
よく使う単語や定型文を登録すれば、爆速で入力が可能となる「単語登録」機能。

他にも通常の変換(スペースキー)で候補にあがらない単語や特殊文字などを登録すれば、さらに効果的です。

辞書ツールが壊れたときは「修復」すれば大丈夫

必ずバックアップをとっておくこと

この記事が少しでもお役に立てましたら嬉しいです。

 

辞書ツールが使えるようになったらユーザー辞書に単語を一括登録してみませんか?
その方法はこちらの記事をご覧ください!

ユーザー辞書に一括で単語登録!テキストファイル作成時の4つの注意点あなたはIMEユーザー辞書に単語登録していますか? これ1つ1つ登録するのって面倒なんですよね。 (もちろん、これからよく使うかな?...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA