ライフスタイル

格安SIM「QTモバイル」に乗り換えたら年間7万円以上も節約に!ただし注意点も

  • ソフトバンクからQTモバイルへ乗り換えを検討している方
  • QTモバイルへ乗り換え時にかかった費用を知りたい方
  • 乗り換えた後の注意点を知りたい方

今回の記事は上記のような方に向けて書いています。

毎月の携帯代は数千円でも、年間を通して考えればバカにならないですよね。
1番の節約は携帯電話を持たないことですが、そうはいかず…。

以前、契約していたキャリアは「ソフトバンク」で、iPhone6を使っていました。
僕が乗り換えた格安SIMは「QTモバイル」。

QTモバイルとは?

電力会社系のMVNOで、九州電力グループの「Qtnet」が運営する格安SIMサービス。
※MVNO・・・格安SIMを提供している事業者のこと

この記事で分かること
  1. 乗り換えによる節約金額
  2. 乗り換え時にかかる費用
  3. 契約の前に知っておきたい注意点

それでは早速、説明していきます!

ソフトバンクからの乗り換えで節約金額は年間7万円以上!

QTモバイル契約内容

回線タイプドコモ回線(Dタイプ)
料金プランデータ+通話コース
データ容量3GB
月額料金1,550円(税抜)

過去1年間の携帯代を調べてみると、月平均だいたい8,000円ほど支払っていました。

年間約96,000円も支払っていた計算になります。

ソフトバンクからQTモバイルに乗り換えたところ、

96,000円-20,000円=76,000円も節約に!

【QTモバイル】(株式会社QTnet)

格安SIM「QTモバイル」乗り換え時にかかる費用

ソフトバンクからQTモバイル乗り換え時にかかる費用は次の2点。

  • QTモバイル契約時の初期費用
  • ソフトバンク解約費用

それでは、1つずつ解説していきます!

QTモバイル契約時の初期費用

契約時に支払う費用は次の通り。

  • SIM発行手数料:341円
  • 契約事務手数料:3,000円

 

いずれも初回の携帯代請求時に合わせて支払うことになります。

 

ソフトバンク解約費用(契約解除料)

ソフトバンクの解約費用は更新月でない限り、9,500円(税抜)支払わなければなりません。
※年1回の更新月であれば、この解約費用はかかりません。

 

どうしても解約費用を払いたくないって方は更新月まで待つのもアリです。
ただし、更新月を待っている間に支払う金額と乗り換え後の金額を比較することが大切です。

例えば、次のような場合は2ヶ月経過後には12,000円もの差額が出てしまうんですよね。

乗り換え前の支払い金額:8,000円

乗り換え後の支払い金額:2,000円

つまり、更新月が2ヶ月以上先であれば、更新月を待たずに乗り換えた方がお得になります。

僕の場合、更新月が半年後ということもあり、すぐに乗り換えました。

格安SIM「QTモバイル」契約の前に知っておきたい注意点

契約前に知っておきたい注意点は次の6点

  1. キャリア独自のサービスが使えなくなる
  2. LINEでID検索・電話番号検索ができない
  3. 12ヶ月以内の解約は解除料がかかる
  4. 通話料は比較的高い
  5. 対面でのサポートが受けづらい
  6. 時間帯によっては通信速度が遅い

それでは、1つずつ解説していきます!

キャリア独自のサービスが使えなくなる

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク等)それぞれ独自のサービスがありますよね。

ソフトバンクの例であげると、

  • 家族通話無料
  • iソフトバンクメール

が使用できなくなります。

 

LINEでID検索・電話番号検索ができない

僕自身、あまりID検索や電話番号検索をしたことがないので不便と感じることはありません。

近くにいる人と「友達」になりたい場合はQRコードやふるふるで追加ができます。

12ヶ月以内の解約は解除料がかかる

もし、QTモバイル契約したあと1年以内に解約する場合、契約解除料がかかってしまいます

例えば、3ヶ月契約後、解約する場合は残り9ヶ月×1,000円=9,000円を支払わなければいけません。

ただし、更新月というものがない為、12ヶ月を過ぎればいつ解約しても契約解除料はかかりません

通話料は比較的高い

QTモバイルの場合、20円/30秒と他の格安SIM比べると通話代が比較的高いです。

 

LINEの無料通話であれば通話代がかかることはありません。
しかし、学校や会社、その他施設に電話するときには通話代がかかってしまいます。

オプションの「10分かけ放題(月額850円(税抜))」をつけることで、10分以内であれば通話代は無料です。
※合計10分以内という意味ではなく、1回当たりの通話時間になります。

対面でのサポートが受けづらい

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク等)であれば、近くに店舗があるかと思います。

QTモバイルを運営しているのは九州電力グループの「Qtnet」っていう通信会社で、今のところ九州地域にしか実際の店舗はありません。

その為、九州地域以外に住んでいる方や近くに店舗がない方は携帯電話の不具合や分からないことがあっても、対面でのサポートが受けづらいです。

時間帯によっては通信速度が遅い

昼間や夜間、通勤・通学など通信が混み合う時間帯では、速度が遅くなってしまうんです。
Wi-Fi環境であれば影響はありません。

ソフトバンク→QTモバイル乗り換えのまとめ

今回は次の3点について書きました。

乗り換えによる節約金額

70,000円以上/年間

乗り換え時にかかる費用
  • QTモバイル契約時の初期費用
    → 約3,300円
  • ソフトバンク解約費用(契約解除料)
    → 9,500円(税抜)
契約の前に知っておきたい注意点
  1. キャリア独自のサービスが使えなくなる
  2. LINEでID検索・電話番号検索ができない
  3. 12ヶ月以内の解約は解除料がかかる
  4. 通話料は比較的高い
  5. 対面でのサポートが受けづらい
  6. 時間帯によっては通信速度が遅い

以上、「格安SIM「QTモバイル」に乗り換えたら年間7万円以上も節約に!ただし注意点も」でした。

【QTモバイル】(株式会社QTnet)
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA