ワークスタイル

PDFデータが重い!Acrobatで簡単に容量を小さくする方法

パソコン操作が全く分からない人(←弟のこと)ですらPDFという言葉を知っているぐらい有名なデータ形式。

僕が勤めている職場では、書類をPDFデータでやりとりすることが多々あります。
メールに添付して送ったり、サーバーを活用したり。

そうしていると、必ず出てくるのがデータ容量の問題

データによっては容量が10MBを超えるものもあるんです。

データ容量が大きいことによるデメリット

  1. メール添付できない
  2. ディスク容量を圧迫する
  3. ファイルを開く時間が遅い

結論から言うと、今からご紹介する方法でおよそ半分以下することが可能です。

今回はAdobe Acrobat Xを使って、簡単にPDFデータの容量を小さくする方法について書きます。
※この方法は、パソコンに「Adobe Acrobat X」がインストールされていることを前提に説明しています。

Acrobatを使ってPDFデータの容量を小さくする手順

1. 容量を小さくしたいPDFファイルを開く。
メニュー「ファイル」→「名前を付けて保存」→「サイズが縮小されたPDF」を選択する。Acrobatの「サイズが縮小されたPDF」選択画面

2. 必要に応じて「Acrobatのバージョンによる互換性」を変更し、「OK」をクリックする。Acrobatの「ファイルサイズを縮小」ダイアログボックス

3. 必要に応じてファイル名を変更し、「保存」をクリックする。Acrobatの「名前を付けて保存」ダイアログボックス

※ファイル名が同じ場合だと、下の図のように確認メッセージが表示されます。上書きされます。「はい」を選択すると上書きされます。Acrobatの「別名保存」ダイアログボックス

4. 画面右下に表示される進捗バーがいっぱいになれば完了です。Acrobatの画像処理の進捗バー

PDFデータの容量を小さくした結果(実行前との比較)

実行結果はこちらPDFデータの容量縮小実行前と実行後

実行前と比べると、およそ63%も容量が小さくなりました!
データによって、容量の縮小率は変わります

画質はどうなの?

 

肝心の画質ですが、若干落ちます
ただし、文字や線が消えたり、薄くなったりってことはないので十分使えるレベルです。

データ容量を小さくすることによるメリット

  1. メール添付できる
  2. ディスク容量を節約できる
  3. ファイルを開く時間が早くなる

「Adobe Acrobat X」はあるけど、この機能は知らなかったって方、ぜひお試し下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA