ペイントで写真や画像にモザイク処理する(ぼかし)超簡単な方法【Windows標準機能】

のアイコン画像
写真や画像に簡単にモザイクをかけたい
個人情報が写っている部分だけ隠したい
何か良い方法ある?

こんなお悩みを解決します!

写真にモザイクをかけるためだけに外部ツールを使ったり、ソフトを購入したりしたくないですよね。

結論から言うと、Windows標準機能の「ペイント」で簡単にモザイクをかけることができるんです。

ペイントを使うとこんな風にモザイクをかけることができます。
ペイントでモザイク処理(ぼかしを入れた)した写真

この記事で分かること
  • 画像データを「ペイント」で開く方法
  • 写真を「ペイント」でモザイク加工する方法

 

目次

画像データを「ペイント」で開く方法

まずは写真や画像データを「ペイント」開く方法をご紹介します。
方法は2つ。

  • 画像ファイルを開くときに「ペイント」を選択
  • ペイントを起動して「画像ファイル」を選択

1つずつ説明していきます。

画像ファイルを開くときに「ペイント」を選択

画像ファイルを選択して右クリック
→ 「プログラムから開く」をクリック
→ 「ペイント」をクリック
ペイントを起動する方法(プログラムから開く)

ペイントを起動して「画像ファイル」を選択

1. 左下スタートボタンをクリック
→ 検索窓に ” ペイント ” と入力
→「ペイント」をクリック
プログラムの検索でペイントを起動する方法

2. 左上のメニューアイコンをクリック
→「開く」をクリック
メニュー「開く」から画像ファイルを選択

3. 画像ファイルを選択
→「開く」をクリック
画像ファイルを選択して開く画面

写真を「ペイント」でモザイク加工する方法

ペイントを使ってモザイクをかける手順は次の通り。

  1. 選択範囲を指定する
  2. 指定部分を小さくする(縮小)
  3. 元の大きさに戻す(拡大)

たった、3STEPで下の写真のようにモザイクをかけることができます。

上の②・③指定部分の縮小/拡大を行う方法は次の2つ。

  • マウスで操作
  • 倍率を指定

それでは、1つずつ解説していきます!

マウス操作でモザイクをかける方法

[ptimeline]
[ti label=”STEP1″ title=”選択範囲を指定する”]上部にある「選択」アイコンをクリック
→ モザイクをかけたい部分を選択する。
(左上をクリックした状態で右下へ引っ張る)
モザイク処理する(ぼかしを入れる)範囲を選択する画面

[/ti]
[ti label=”STEP2″ title=”指定部分を小さくする(縮小)”]右下の「□」をクリックしたまま左上まで引っ張る。
モザイク処理する(ぼかしを入れる)範囲を小さくする画面

[/ti]
[ti label=”STEP3″ title=”元の大きさに戻す(拡大)”]小さくなった画像右下の「□」をクリックしたまま、元の位置まで引っ張る。
モザイク処理する(ぼかしを入れる)範囲を大きくする画面[/ti]
[/ptimeline]

完成したモザイク加工された画像がこちら!
マウス操作でモザイク加工した(ぼかしを入れた)写真

倍率を指定してモザイクをかける方法

[ptimeline]
[ti label=”STEP1″ title=”選択範囲を指定する”]上部にある「選択」をクリック
→ モザイクをかけたい部分を選択する。
(左上をクリックした状態で右下へ引っ張る)
モザイク加工する(ぼかす)範囲を選択する画面

[/ti]
[ti label=”STEP2″ title=”指定部分を小さくする(縮小)”]1. 上部にある「サイズ変更」をクリック
モザイク処理する(ぼかしを入れる)範囲をサイズ変更する画面

2. 水平方向を ” 20 ” に変更する
→「OK」をクリック
※この時、「縦横比を維持する」にチェックが入っていることを確認する
モザイク処理する(ぼかしを入れる)範囲の倍率(縮小)を変更する画面

[/ti]
[ti label=”STEP3″ title=”元の大きさに戻す(拡大)”]1. 上部にある「サイズ変更」をクリック
モザイク処理する(ぼかしを入れる)範囲を小さくした画面

2. 水平方向を ” 500 ” に変更する
→「OK」をクリック
モザイク処理する(ぼかしを入れる)範囲の倍率(拡大)を変更する画面

[/ti]
[/ptimeline]

完成したモザイク加工された画像がこちら!
倍率指定でモザイク加工した(ぼかしを入れた)写真

小さくする時には ” 20 ” 、元の大きさに戻す時には ” 500 ” を入力しましたよね。ちゃんとした理由があって、元の画像を「100パーセント」として考えるんです。

例)
小さくする時:20パーセントを小数であらわすと0.2。
元に戻す時:100 ÷ 0.2 = 500パーセント

一覧表にすると下のようになります。

小さくする時 元の大きさに戻す時
20 % 500 %
25 % 400 %
40 % 250 %
50 % 200 %

※元の大きさに戻す時は「1~500」の範囲で数値を入力しなければいけません。

モザイク加工の画質比較

同じ写真でもモザイク加工の方法によって、その画質が変わってくるんです。
下の2点について比較していきます。

  • マウス操作と倍率指定のモザイク画像の比較
  • 倍率指定によるモザイク画像の比較

それでは、1つずつ比較した結果をご紹介します。

マウス操作と倍率指定のモザイク画像の比較

左がマウス操作、右が倍率指定(20→500)の画像です。
モザイク処理した画像の比較(マウス操作と倍率指定)

マウス操作で選択範囲を縮小/拡大した方がより強くモザイクがかかっていることが分かります。

倍率指定の方は、大きい文字であれば読めなくもないかなって感じですね。

倍率指定によるモザイク画像の比較

続いてそれぞれの倍率の画像を見てみましょう!
モザイク加工した比較画像(それぞれの倍率)

縮小率が大きい倍率ほど、より強くモザイクがかかっていることが分かります。

ペイントで写真や画像にモザイクをかける方法まとめ

今回はペイントで簡単にモザイクをかける方法をご紹介しました。

対象範囲の縮小/拡大時の操作によって、モザイクの強弱が違ってくるんですよね。

  • マウス操作による縮小/拡大
  • 倍率指定による縮小/拡大

モザイクをかける対象によって使い分けてみましょう!

 

以上、「1分でできる!「ペイント」で写真や画像にモザイクをかける超簡単な方法」でした。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる