万年筆

万年筆初心者が選ぶべき最初の1本!ペン先素材とニブの太さについて解説

万年筆って種類がありすぎて迷いますよね。
これから万年筆を使ってみたい!って方はなおさらだと思います。

結論から言うと、初心者の方におすすめしたいのはズバリ、「鉄ペンでF(細字)またはM(中字)」の万年筆です。

理由は、ボールペンと同じような感覚で使うことができるから。

 

普段使っていても、あまり意識しないですがボールペンって意外と筆圧が強くなりがちなんです。

鉄ペンであれば、ボールペンと置き換えても大丈夫!
あまり違和感なく使うことが出来ます。

 

のちに説明する金ペンに比べると、ある程度の筆圧にも耐えられます。
(限度はありますよ)

 

今回は、おすすめしたい万年筆(鉄ペンでF(細字)またはM(中字))に関わりのある、ペン先に使われる素材とニブの太さについて解説していきます。

万年筆のペン先に使われる素材による違い

万年筆は、ペン先の使われる素材によって「鉄ペン」「金ペン」と呼ばれるものがあるんです。

「鉄ペン」は、その名の通り、鉄を多く含んだもの、「金ペン」は金を多く含んだものになります。

鉄ペン万年筆の特徴

スチールペン・ステンレスペンとも呼ばれ、数百円~数千円と比較的安く買うことができます。

しかし、インクの成分によってはペン先が腐食したり、強い筆圧で金属疲労や劣化しやすく、突然、折れることも

 

ペン先が硬く、普段使っているボールペンと筆記感が似ている為、初めて万年筆を使う方にとっては扱いやすいです。

金ペン万年筆の特徴

素材に金が使われているだけあって高価。数十万円するものも珍しくありません。

鉄ペンに比べて柔らかく、金が多く含まれるほど柔らかいのが特徴です。

筆圧が強いと切り割り(ペン先にあるスキマ)の部分が開いてしまい最悪、書けなくなり為、注意が必要です。

 

筆記による摩擦で先端部分が削れ、使い込むほどに自分だけの万年筆になっていきます

鉄ペン万年筆・金ペン万年筆の比較

まとめるとこんな感じです!

 鉄ペン金ペン
価格安い高い
ペンの硬さ硬い柔らかい
劣化・腐食しやすいしづらい
扱いやすさボールペンとほぼ同感覚慣れが必要

 

鉄ペンでも時間をかければ自分の書き癖にあった万年筆に育ちます。
(金ペンほどではないですが・・・。)

 

最初は鉄ペン、慣れてから将来的に金ペンを使ってみることを強くおすすめします。

国内・海外メーカーの万年筆はニブの太さが違う

一般的なニブの太さは次の5種類。

  • EF(極細字):EXTRA FINE [エクストラファイン]
  • F(細字):FINE [ファイン]
  • M(中字):MEDIUM [ミディアム]
  • B(太字):BROAD [ブロード]
  • BB(極太字):BROAD BROAD [ブロードブロード]

 

国内メーカーと比べると海外メーカーは同じ太さ表記でも1~2段階太いことが多いです。

海外メーカーの「F」 = 国内メーカーの「M」または「B」

 

また、インクの種類や紙質にもよりますが、細くなればなるほど、筆記時にひっかかりを感じることもあります。

 

ニブの太さのおすすめ

  • 国内メーカー・・・M(中字)
  • 海外メーカー・・・EF(極細字)または F(細字)

スポンサーリンク

初心者が選ぶべき万年筆まとめ

11歳の息子があまりにも万年筆を欲しがったので、パイロットの「カクノ」を買ってあげたんです。

その時はかなり喜んでくれましたねー。

インクを入れて、ノートに字を書いたり、絵を描いたり・・・。






3日も経たずに使わなくなりました。(←3日坊主にもなっていない)

せっかく買っても使わなければもったいない。
息子にはまだ早かったのかもしれません。

 

これから万年筆を使ってみようと思っている方は、ぜひ最初の1本は「鉄ペンでF(細字)またはM(中字)」を使ってみて下さい!!

魔法の筆記具「万年筆」の5つの魅力を徹底解説あなたは「万年筆」にどんなイメージを持っていますか? 昔の人が使うもの? かっこいい? めんどくさそう? 約5年前から万年筆を使い始...
万年筆を買って後悔しないために知っておきたい4つの注意点自分の書きクセに合わせて育ってくれる万年筆。 手がかかる万年筆と比べると、圧倒的に使いやすいのはボールペン。 それでも万年筆にはボー...