ブログ運営

雑記と特化(専門)どっちがイイ?僕が雑記ブログに決めた3つの理由

いざブログを始めようと思った時、雑記ブログでやっていこうか特化(専門)ブログでやっていこうか迷いますよね?

結論からいうと、

 

 

どっちでもいい!!

 

結局はブログを始める目的によるところが大きいです。

  • 1つのテーマに情熱を注げるなら、特化ブログ。
  • いろんなことを書きたいなら、雑記ブログ。

いずれにしても、継続できる方を選択すればいいってことです。

僕は雑記ブログでやっていこうと決めました。

その理由は次の3点。

  1. 好きなことを書けるから
  2. ブログの方向性を変更しやすいから
  3. 差別化しやすいから

雑記ブログは自分の好きなことを書ける

ブログは継続第一

初心者に「雑記ブログ」をおすすめしているサイトをよく見かけますが、それはなぜかと言うと

自由に書ける ⇒ ネタが尽きない ⇒ 継続できる!

という良いサイクルをつくることが1番大事なことだから。

自分の好きなことや感じたこと、誰かに伝えたいことなど、自由に書くことができます。

「好きなことを書く」の注意点とは

雑記ブログは好きなことが書ける反面、気をつけておきたい点があります。

  • 書いていることがゴチャゴチャになりやすい
  • 初めてブログを訪問した人は何のブログなのか分かりづらい
  • 個人的な日記だと誰にも見てもらえない

書いていることがゴチャゴチャになりやすい

好き勝手に思うがままに書いていれば、どこにどんなことが書いているのか分からなくなります。

そんな時はカテゴリー分けをすることにより、グッと見やすくなります。

その点、「特化ブログ」だとテーマが絞られているので、体系的にまとめやすいです。

初めてブログを訪問した人は何のブログなのか分かりづらい

ブログ名が「〇〇の節約生活」や「□□のパソコン教室」だったらどんなテーマで書いているのか一発で分かりますよね?

 

ところが、このブログ名「レコメモ」のようだと何について書いているのか全然分からないでしょう。

 

そんな場合は投稿記事にある程度一貫性をもたせることにより、おおまかなテーマ(ジャンル)を知ってもらえるのではないかと思います。

個人的な日記だと誰にも見てもらえない

自分の好きな芸能人のブログであれば「今日は○○しました」「○○に行きました」でも問題なし!

 

でも、普通の人が同じようなことを書いても完全スルーですよ。興味ナッシングです。

 

好きなことを書く場合でも、見に来てくれた人にとって役立つ情報を書くようにしましょう!

雑記ブログはテーマの方向性を変更しやすいから

ブログを続けていくうちに違うテーマで書いてみたいと思うことがあるかも知れません。

僕自身、飽き性なところがあるので可能性大です。

 

例えば、今までは趣味の読書やガーデニングについて書いていたけど、ダイエットを始めたので食事内容や運動記録を書いていこう!といったことも柔軟に対応できます。

 

特化ブログだとテーマを絞れば絞るほど方向転換が難しくなります。(ブログ名がテーマそのものだったら放置してしまうかも)

スポンサーリンク

雑記ブログは差別化しやすいから

良くも悪くも「書き手」の考え方や人柄がもろに出るので、他のブログとの差別化を図ることができます。

 

「情報」そのものより「このブロガーさんが書いたものが見たい」と思わせるのは、個性(キャラクター)によるところが大きいですね。

 

その点、特化ブログだとテーマが絞られるので、同じようなテーマ(例えば、日焼け対策、ダイエットなど)だと、どうしても似たような内容になってしまいます。

 

ただし、「特化ブログ」の場合はあくまでも「情報」そのものを提供することが目的なので、他の人にはない自分の得意分野を活かすにはもってこいです。

 

逆に「自分」を全面に出したい人は、「雑記ブログ」が向いていると思います。

雑記ブログに決めた理由まとめ

私自身の成長やその時の気づきを記録として残すことが主な目的なので「雑記ブログ」でやっていこうと決ました。

 

ブログを書く目的や目標を設定し、それを達成する手段として、雑記ブログ・特化ブログのどちらが向いているかを判断することが大切ですね。

 

それはこれから書いていく「自分」にしか分かりません。

  • 将来、有名ブロガーになりたいですか?
  • ブログの収益で余裕のある暮らしをしたいですか?
  • 給料が少ないので、ちょっとでも生活の足しにしたいですか?
  • ブログを通して見知らぬ誰かの役に立ちたいですか?

ほんの少しでも今からブログを始める人の参考になれば嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA